#231 トロント 冬の嵐(2)

| コメント(2)
n030801.jpg

昨晩から雪が降り続いている。今日は初めて除雪しているところを見た。見てのとおり、端に寄せているだけだ。

歩道は、芝刈り機のような小型の機械で、車道と歩道の間に雪を寄せている。

n030802.jpg

だから、歩道と車道の間に高い山ができる。前にも書いたように、トロントの人は雪でも傘を差さない。

さすがに雪が多いので、今日は耐水性で底がゴムの靴を買った。

n030803.jpg今日のランチは地下街のフードコートで、どこの国か分からない料理を食べた。それでも、日本人だからお米を食べると安心する。これで、$7.5(約780円)くらい。

昨日も仕事関係の人たちと飲んでお寿司を食べたりしていたので、それなりにお米は食べている。

n030804.jpg前回、ティムホートンズ(Tim Hortons)のことを書きたいと宣言したから、少し書く。ティムは、カナダに2,700店舗以上を構えるドーナツのチェーン店で、マクドナルドの約2倍の店舗数があるという。ドーナツだけでなく、ベーグル、サンドイッチ、チリと呼ばれるスープなど、いろいろなメニューがある。本当は、ドーナツの写真を撮ればよかったのだけど、今日はその前に食べてしまった

僕がこの店にお世話になったというのは、毎朝、目の前にあるティムで、ランチのためにベーグルを買っていたことだ。最近では、店員にオーダーする前から、中ではベーグルの準備がされるようになってしまった。

そして、ティムを語る上で欠かしてはならないのが、"Roll up the Rim to Win"という3月から5月にかけて行われる、キャンペーン。これは、ミディアムサイズ以上の飲み物を買うと、写真のような派手はカップが出てきて、飲み終わったあとにカップのふちをめくると、「あたり」とか「はずれ」とか出てくる懸賞だ。

今年は、トヨタのMATRIXという車が35台、そして、何故かモーターボートが100台、あとはカーナビとか、ドーナツとかコーヒーが当たるらしい。

n030805.jpg

こんな感じでめくる・・・と説明しようとしたら、当たってしまった!

賞品はコーヒーだけど、初めての当たりなので、けっこう嬉しい。お店に貼ってある、懸賞の説明書、これがポスターくらいの大きさの紙に、契約書みたいな感じで字がたくさん書いてあるのだが、それによると食べ物類の当選確率は1/9らしいので、なんとなくそろそろ当たってもいい時期だったのかもしれない。

ここのコーヒーは、$1.7(約177円)くらい。かなり安い。

n030806.jpg夜になっても降り続いていた。ほとんどスキー場にいるような感覚だ。

そして、ちょっと気になって日本の天気予報を見てみた。 

16度!

20度も高い。時代に取り残されているような気分になった。
でも、こちらの方が時代を先取りしている事もある。明日から、デイライトセービングと呼ばれる、いわゆるサマータイムが始まる。1時間、時計の針が進むため、日本との時差が-14時間から-13時間に縮まる。

しかし、まだ春も来ていないのにサマータイムって・・・

 

 

 

コメント(2)

ジャンキーな食事に涎がでます。

こちらは午前0時。
キリングリーンラベル500ml 2本目と鮭中骨みりん焼味付をつまに、コメント入れています。

コメントする

▼前のブログ記事
#230 トロント 冬の嵐

▼次のブログ記事
#232 トロント デイライトセービング開始

最近のコメント

  • sudoken: そろそろ日本の良質な 続き⇒
  • Mrmt: ジャンキーな食事に涎 続き⇒
Powered by Movable Type 5.04