#381 SONY α7ii

| コメント(0)
n20161215_01.jpg
年に一度くらいはブログを更新しなければ、と思い立ち、ついに買ってしまったソニーα7IIについて書くことにした。このブログでは、2008年までは「ついに買ってしまった」シリーズがあった。しかし、最近は、そこまで「ついに!」という感じもなく、単なるお買い物記録という感じだったので、カテゴリーもシンプルに「購入履歴」としていた。しかし、今回は違う。





n20161215_02.jpg
まず、購入までに半年以上の検討期間があったことが違う。
そして、これまでもソニーの一眼カメラを使っていたけれど、今回、本体を購入するにあたりレンズを2本買い足した。

それは、何故か?といえば、フルサイズの世界にようやく突入することができたからだ。

(ここでフルサイズについて説明しようと思ったが、大変なので、ソニーのこちらのサイトでどうぞ。)

フルサイズには、フルサイズ用のレンズがあるのだ。


n20161215_03.jpg
購入したレンズの1本目は、こちら。SEL2470Z(Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS)
標準ズームというやつで、基本的に1本だけつけて外出するとしたら、これになるだろうという感じの、広い景色も撮れるし、少しズームして撮ることもできる、便利なレンズだ。便利といっても、そんなに気安いものではなく、カールツァイスなので、簡単に「おや、いいレンズ使ってるな」と分かる感じの写真が撮れる。(←レンズの解説は、得意でないということがわかった)

n20161215_04.jpg
2本目は、SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)
単焦点レンズというもので、ズーム機能はついていないが、その分、明るくボケの美しい写真を撮ることができる。ちょうどいい距離で子供の写真を撮ると、タイミング次第でちょっとした作品のような雰囲気になる。また、しっかりと背景がボケるので、部屋が散らかっていたとしても、子供にピントが合っていれば大丈夫という便利レンズなのだ。

とはいっても、こちらもカールツァイスなので、立派なレンズだし、事前に大手家電量販店に下見に行ったときに、店員さんが「神レンズ」と呼んでいた程、レンズの中では高くないながらも非常に優れたレンズらしい。

n20161215_06.jpg
ちょうどクリスマスツリーが出ていたので、SEL55F18Zで撮ってみたら、こんな感じ。フルサイズでなくても、こんな雰囲気の写真は撮れると思うので、単なる自己満足だし、これから腕を上げで、機材に見合った写真を撮るようにしたい。

そして、気になるお値段は、本体(α7IIのソニーストアにおける価格)が179,880円+税、標準ズーム(SEL2470Z)の希望小売価格が126,000円+税、単焦点(SEL55F18Z)の希望小売価格が99,000円+税、ということで、合計404,880円になるわけだが、定価で買うわけではないので、10万円以上お安く手に入れることができた。

それもこれも、

n20161215_07.gif

現在、保有しているカメラは、α6000とα7iiの2台。α6000はフルサイズではなく、少し小さいAPS-Cサイズなので、本体も小さくなっている。↓こんな感じ。

n20161215_07.jpg
通常だと、古いカメラは下取りに出すのだが、小回りの利く、α6000も手放しがたい。海外に持っていくときなどは、こちらの方がよい時もあるだろう。しばらく様子見で、両方を使い分けることにしてみる。

次回以降のブログでは、このカメラで撮った美しい写真を載せていきたい。


コメントする

▼前のブログ記事
#380 iPad mini 4

▼次のブログ記事
#382 iPhone 7

Powered by Movable Type 5.04